スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2013年01月13日

遅れましたが・・・

遅れましたが、新年あけましておめでとうございます。
最近はロシア系の買い物は無く更新するネタが無かったのですが、放置は怖いので・・・

ロシアには全然関係ないですが、KSCのP230JP HWを頂きました。
外見はHW樹脂なので非常に良い仕上がりでモデルガンのような質感です。外見は予想以上によく満足しておりますが、、、
どうも実射性能もモデルガン並で・・
弾詰まりを頻発します。初期不良でしょうか・・・今月中にはアフターサービス送りです。

  


Posted by モーラット at 15:40Comments(0)エアガン

2012年12月13日

AKS102 東京マルイベース

マルイのAK102の逆カスタムが一応完了したのので報告!


やっぱりこの元の姿が一番いいですよねface03
ストックはゆくゆく変えてみたいと思いますが、入手が容易ではないことやコンパクト性を重視してひとまずはスケルトンです。

後はマガジンを74仕様にしてAK105に進化させたいものですね!



  


Posted by モーラット at 18:12Comments(0)エアガン

2012年12月10日

AK102 tokyo marui

だいぶ冬らしい寒さになってきましたね。
私が住む西東京地方では今夜から氷点下でございます。

さてブログですがだんだんと更新速度が遅くなってきました笑
飽き性な性格もあるのですが紹介するものがないというのも現状です。
ただいまソビプロ様でゴルカを注文しているもののまだ発送されません。問い合わせててみると「来週の金曜か月曜におくるよん」と返事は来たものの・・・5日以上すぎております。海外通販なので仕方ないですが、期待してしまったface07

・・・さて今回はマルイのAK102をプレゼントしてもらったので紹介します。
ロシアンな兄貴には説明不要ですが超簡単な説明を一応。。。

AK100シリーズはイズマッシュが提供する海外輸出向けの安い自動小銃です。その為様々なニーズに応える形でいくつかのバリエーションモデルが開発されました。それがAK101 AK102 AK103 AK104 AK105・・・と続きます。
AK101とAK102は5.56×45mmNATO弾を使用します。AK102はAK101をコンパクトにしたカービンモデルで銃身が短い他マズルブレーキなどの形状に差異があります。
しかし、他のAK101~105に目立った差異はありません。マガジンとかは割と違いますが。
もし、もしロシアがNATOに加盟してたらAK101、AK102はロシア軍に採用されていたかもしれませんね。空想するとワクワクしますな。

・・・当然、AK102は輸出モデルですのでロシア軍では採用されておらず・・・ロシア装備収集からは少し外れる形になります。

こちらが私のAK102でございます!


フォアグリップを装備しています。
ちなみにあの恥ずかしいお口は速攻取り替えましたが、なぜか愛着がついてしまったので時々戻して付けております笑
LCTのAK104用のフロントコンバージョンをハンマーズさんで購入し組み込みました、


これは僕の好みですが、ハンドガード周辺部のレールはあまり好きではないので次世代AK74MNのベーシックなハンドガードを購入し、発送待ちでございます。
フロント部もそうですが、いわゆる逆カスタムを計画中です。しかしAK74MNが廃盤のためストックだけ手にはいりません。
うーん、スケルトンストックの方がリコイルショックが大きいようなのでそこは妥協点なのかしら・・・
ちなみにマガジンもAK74のものを使うしフロント部もAK104なんだからもう原型とどめてないじゃないですか!
自称AK105でいいですかね?AK105だったらロシア軍に少しはお近づきになれるじゃないface03

逆カスタム完了しましたらまたブログに写真を載せます!face01
逆カスタムの目標はこちらのGUN道場さんのレビューにのっております。
写真を同レビューより拝借。



しっかし、やはりLCTとマルイの質感は違いますね。両者の目指す方向性も間逆です。
LCTは外見重視でマルイは動作重視という感じでしょうか。LCTに次世代のユニットを組み込むことができたら最高なのだろうな~!
マルイ製は本当に使いやすいのでバシバシ使いたいですね。取り回しもM4並に短いので室内ゲームで活躍しそうです。




  続きを読む


Posted by モーラット at 01:12Comments(2)エアガン

2012年11月22日

SRVV サイドロックレール

今回はロシアな兄貴達に定評があるSRVVから発売されているサイドロックレール Quick Release Dual Picatinny Rail AK Side Mount が昨日自宅に届いたので紹介します。



こちらがそのレールです。レールは上と左サイドにあり、数字もプリントされております。
横にある印字にはMade in Russiaの輝かしい文字が!
それ以外は特に目立った特徴はないですね~
ブランド品って感じです。


我がLCT AK74に装着!
マウイのマウントがありましたが装着できなかったので嬉しいですな~


その上にハリケーン製のパチホロ!因みにパチホロの中では上等な物だと言われています。
似合っているかは微妙かなw



↑この微妙な字体はどうにかならんかったのかな・・・?笑

今回はプラウダさんにて12.800円で購入。やや高いです。SRVVの直販で入手しても良かったのですが、例によって今週末までに手に入れる必要があったので国内ショップです。

LCTには難なく取り付けられましたが、手元にあるマルイ次世代AKにはポン付けできませんでした。恐らく少し加工してやれば取り付け可能だと思われます。  


Posted by モーラット at 20:16Comments(0)エアガン

2012年11月17日

LCT AK74M

紹介遅れていましたが、今回は私の愛銃を紹介します。


LCT LCK74MNでございます!!AK74Mですね。
王道中の王道です。現行ロシア軍、その他組織に採用されております。某少尉のススメもあり、
とても汎用性が高いことが決め手でFIRSTさんで購入しました。まぁ学生なので色々な銃を買っている余裕はないですから・・・


ぶっちゃけカッコイイからってのが本音ですがね!!笑

それに合わせ、noobarmsさんでノーマルマグ10本購入し、私は余り中身を弄れないのでバトンさんにてチューンをしてもらいました。
今の所、アクセサリはハンマーズさんで購入したロシア製スリングのみです。
SRVVのマウントとマグウェルを購入予定。

銃ですが、噂通りの剛性、リアリティで大満足です。ただマグが入れにくい・・・
初心者だけどリアルなエアガンがいいって人は買いですね。

ちなみに私の所有物ではないですが、家にはマルイさんの次世代AKS74Nがありますが、そっちは撃っててとにかく楽しいです。
外観はLCTと比べるとそりゃ劣りますが、次世代なので剛性もまぁまぁある感じです。
M14も持っているのですが、いつか紹介したいと思います。M14だけ米軍でカッコイイと思う・・・M14だけには浮気していますw

今日、中田商店でSPLAVプラントデジタル新型(笑)を購入したので、次回レポートしてみたいとおもいます。



  


Posted by モーラット at 17:47Comments(4)エアガン