スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2012年12月22日

~近況~

さてさて忙しい年末の季節になりました。今年も東京ながら東京の端に住んでいるので積雪を期待できるかもしれません。

最近、更新速度が遅いのは注文した品物が一向に届かないからです
それと今の季節はあまり海外通販を利用しない方が言いと聞いているので追加の注文を現在自粛しているからです。(あとお金の問題も・・・)

ロシアネタではないですが、今日のお昼、某陸自の駐屯地の餅つき大会に行って参りました。
今回の座席は、周りに米軍の方ばかりで・・・もうね、慣れない英語で数々の恥をかきましたよface07
周りには安全保障問題に関わりのある衆議院議員の方や防衛産業の方などと沢山お話できました。
ついビンゴゲームそっちのけで会話に没頭してしまったicon10
出会いを大切にしていきたいですね。



今回はあまりミリタリーな写真はとれませんでしたな~

  


Posted by モーラット at 02:46Comments(0)雑記

2012年12月13日

AKS102 東京マルイベース

マルイのAK102の逆カスタムが一応完了したのので報告!


やっぱりこの元の姿が一番いいですよねface03
ストックはゆくゆく変えてみたいと思いますが、入手が容易ではないことやコンパクト性を重視してひとまずはスケルトンです。

後はマガジンを74仕様にしてAK105に進化させたいものですね!



  


Posted by モーラット at 18:12Comments(0)エアガン

2012年12月10日

AK102 tokyo marui

だいぶ冬らしい寒さになってきましたね。
私が住む西東京地方では今夜から氷点下でございます。

さてブログですがだんだんと更新速度が遅くなってきました笑
飽き性な性格もあるのですが紹介するものがないというのも現状です。
ただいまソビプロ様でゴルカを注文しているもののまだ発送されません。問い合わせててみると「来週の金曜か月曜におくるよん」と返事は来たものの・・・5日以上すぎております。海外通販なので仕方ないですが、期待してしまったface07

・・・さて今回はマルイのAK102をプレゼントしてもらったので紹介します。
ロシアンな兄貴には説明不要ですが超簡単な説明を一応。。。

AK100シリーズはイズマッシュが提供する海外輸出向けの安い自動小銃です。その為様々なニーズに応える形でいくつかのバリエーションモデルが開発されました。それがAK101 AK102 AK103 AK104 AK105・・・と続きます。
AK101とAK102は5.56×45mmNATO弾を使用します。AK102はAK101をコンパクトにしたカービンモデルで銃身が短い他マズルブレーキなどの形状に差異があります。
しかし、他のAK101~105に目立った差異はありません。マガジンとかは割と違いますが。
もし、もしロシアがNATOに加盟してたらAK101、AK102はロシア軍に採用されていたかもしれませんね。空想するとワクワクしますな。

・・・当然、AK102は輸出モデルですのでロシア軍では採用されておらず・・・ロシア装備収集からは少し外れる形になります。

こちらが私のAK102でございます!


フォアグリップを装備しています。
ちなみにあの恥ずかしいお口は速攻取り替えましたが、なぜか愛着がついてしまったので時々戻して付けております笑
LCTのAK104用のフロントコンバージョンをハンマーズさんで購入し組み込みました、


これは僕の好みですが、ハンドガード周辺部のレールはあまり好きではないので次世代AK74MNのベーシックなハンドガードを購入し、発送待ちでございます。
フロント部もそうですが、いわゆる逆カスタムを計画中です。しかしAK74MNが廃盤のためストックだけ手にはいりません。
うーん、スケルトンストックの方がリコイルショックが大きいようなのでそこは妥協点なのかしら・・・
ちなみにマガジンもAK74のものを使うしフロント部もAK104なんだからもう原型とどめてないじゃないですか!
自称AK105でいいですかね?AK105だったらロシア軍に少しはお近づきになれるじゃないface03

逆カスタム完了しましたらまたブログに写真を載せます!face01
逆カスタムの目標はこちらのGUN道場さんのレビューにのっております。
写真を同レビューより拝借。



しっかし、やはりLCTとマルイの質感は違いますね。両者の目指す方向性も間逆です。
LCTは外見重視でマルイは動作重視という感じでしょうか。LCTに次世代のユニットを組み込むことができたら最高なのだろうな~!
マルイ製は本当に使いやすいのでバシバシ使いたいですね。取り回しもM4並に短いので室内ゲームで活躍しそうです。




  続きを読む


Posted by モーラット at 01:12Comments(2)エアガン

2012年12月02日

新装備調達に向けて。

先週、インドアサバゲをしたわけですが・・・
決定的な装備の弱点を発見しました。

それは・・・SMERSHチェストリグがインドアのような素早い動作を求められる場合、非常に使いにくい!!ということですface07


SMERSH自体はとても良い物なのですが、形状的にプローンを前提とした設計の為、マガジンポーチが両脇腹に在ります。
これが、本当に取り難い。。。。特に右手側のマガジンは一旦銃を床に置いてしまいましたよ笑
まだまだリロード技術が低いのもありますが、腹にポーチがあるのと比べると圧倒的に時間がかかります。
マガジン容量が8本と多く良いものですが、どうしても野戦向きですね。野戦ではバシバシ使っていきたいですが、インドアで焦ってマガジンを落とすのはもう勘弁icon11
それにインドアだと1ゲームあたりノーマルマガジンでも2本使わないぐらいで済むのでSMERSHの有効性は薄れます。


と、いうわけでインドア用に近く、戦闘ベストを入手したいとおもいます。
自分でもこれから探す予定ですが、おすすめの内務省系のベストなどございましたら是非ご教授ください!face03

それに加えインドアにはやはりAK74は使いづらかったので、カービンAKが欲しいですね
ふふふ・・・近く手に入る予定face05

  


Posted by モーラット at 01:19Comments(2)サバゲー